本文へスキップ

クラブ現況profile

2019−2020年度  会長 篠原 啓一

令和元年という新たな時代の始まりの年に、まもなく創立60周年を迎える歴史ある常陸太田ロータリークラブの会長を務めることになり大変光栄であり身の引き締まる思いです。これまでの歴代会長・幹事・会員の皆様に敬意と感謝の気持ちを伝えると共に、歴史を重ねてきたことはロータリークラブの存在意義があったからこそ続いてきているのだと考えます。時代が変わり、その変化に対応し少しずつ進化させてきたからこそ今この一年のスタートを迎えられるのです。
 2019−2020年度RI会長のマーク・ダニエル・マローニー氏のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。ロータリーの礎は「つながり」にあり、ロータリーの奉仕を通じて有能で思慮深く、寛大な人々が手を取り合い、行動をおこすためのつながりを築いていこうと示されました。
 そして、第2820地区中村澄夫ガバナーの地区スローガンは「人、学びて更なる奉仕」です。いろいろな人とのつながりの中で、聞き、学び、深い知識、認識を基に室を高め真実の奉仕を続けようという呼びかけを発信されました。
 それらを受けてクラブのテーマを「ロータリーを知り、クラブを知り、ROTARYを伝えよう」としました。ポール・ハリスは「世界は常に変化している。ロータリーはこの世界とともに変化し成長していかねばならない」と言っています。60年の歴史を振り返り、ロータリーの基本理念のもと、過去から未来への時間軸を縦軸とすると現在はそれをゆっくりと先へ進んでいる横軸になります。その横軸を横に伸ばしながら、過去とのつながり、未来とのつながり、会員間のつながり、クラブを越えたロータリアンのつながり、地域社会や子供たちとのつながりを感じ、繋がっていることに感謝と喜びを持って「変えるべきもの」と「変えてはならないもの」とを確りと見つめて今の時代にそして我々のクラブにあった形にさせていくことが大切であり、各会員がロータリアンとして知識と誇りと責任を持ち、大いに語り合い、更なる奉仕活動を起こせるようなクラブへ皆様と一緒に歩を進めてまいりたいと考えます。
 一年間、皆様のご支援とご協力を宜しくお願いします。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

◆2019-2020年度 クラブ目標

1.    ロータリー財団 1人150$(年次寄付130$・ポリオプラス20$)

2.    会員増強・会員維持率の向上 純増2名

3.    米山記念奨学会への支援 25,000円/1人(普通寄付5,000円/1人含む)

4.    ベネファクター 1,000$寄付1名

5.オンラインツールの利用 会員の50%がMyRotary登録



◆2019-2020年度 事業計画(重点事業項目と今年度の目標値)

1.クラブの地域への広報活動の強化

2.会員へのRC知識・理解の促進および会員親睦と相互理解の促進

3.他クラブとの交流・親睦(クラブとして年7回)

4.会員増強(会員純増6名)

5.クラブ事業の継続性強化とスペシャリストの育成




◆2019-2020年度  主な事業

1.常陸太田ロータリークラブ杯第41回中学生ソフトテニス大会
2.2020常陸太田市青年の主張弁論大会
3.献血事業
4.福祉事業への募金活動
5.JR常陸太田駅前「屋外気温計」寄贈
6.創立60周年記念式典・祝賀会
7.大館ロータリークラブ友好クラブ締結延長調印式
8.茨城国体・障害者スポーツ大会支援
9.東金砂あじさい祭り支援


◆常陸太田ロータリークラブ 2019-2020年度テーマ◆

「ロータリーを知り、クラブを知り、ROTARYを伝えよう」


 

2019-2020年度 組織・役員・理事

役職 名前 役職  名前    役職 名前 
会長 篠原 啓一 理事 橘 幸市    プログラム委員長 澤畠 栄寿 
副会長 鹿志村勇夫 理事 平根 孝文    副幹事 澤畠 栄寿
会長エレクト 後藤 敏文 理事 和田 忠彦     副会計 大石 誠一  
幹事 草野 朋子  理事 野内 太台克    副SAA 木村 幸裕 
会計 大森 眞一  理事 木村 幸裕     副SAA 大作 幸恵 
SAA  富永 昇二 60実  大谷 昌吉     副SAA 石川 剛

委員会構成
委員会 委員長 副委員長 委員  委員     
クラブ奉仕1 後藤 敏文      
 SAA 富永 昇二 木村 幸裕 大作 幸恵  石川 剛   
 職業分類・会員選考 多賀野弘泰 冨永 敏博 塩原 吉博     
 会員増強 益子 慎哉  大谷 昌吉  成井小太郎  橘 幸市   
 R情報 小圷 義清  益子 慎哉 根本 義勝 高和 剛   
クラブ奉仕2  橘 幸市         
 出席  塩原 拓海 石川 主税 石川 重信   
 クラブ会報・IT/CICO 岩間 貴宏  鹿志村勇夫 大作 幸恵  冨岡 公   
 雑誌・広報 小祝 年織 岩間 貴宏  冨永 敏博 吉原 正和   
 プログラム 澤畠 栄寿 石川 主税  根本 堅司    
 親睦友好活動  黒沢 文博  多賀野弘泰   大石 誠一  冨岡 公   
石川 剛  小林江津子   
 ニコニコボックス 石川 主税  大作 幸恵  平根 孝文  石川 重信   
 資料保存 成井小太郎 多賀野弘泰 山口 裕正    
職業奉仕 野内太台克 大森 眞一 高和 剛  橘 幸市   
社会奉仕 平根 孝文 小倉 敏行 根本 義勝  冨永 敏博  後藤 敏文 
青少年奉仕 木村 幸裕  小祝 年織  小林江津子  石川 剛   
国際奉仕 和田 忠彦  黒沢 文博 根本 堅司 大作 幸恵   
ロータリー財団 塩原 吉博  根本 堅司  山口 裕正 吉原 正和  岩間 貴宏 
米山記念奨学会 小倉 敏行 平根 孝文  石川 重信 小林江津子  鹿志村勇夫 
         
事務局員 滑川 美幸         
 中期計画推進チーム 冨永 敏博  橘 幸市  篠原 啓一  後藤 敏文  草野 朋子 
  岩間 貴宏  石川 重信  石川 主税    
■RI第2820地区           
地区副幹事 富永 昇二  野内太台克  塩原 拓海     
 地区委員 会員増強 成井小太郎        
           


常陸太田ロータリークラブについて

■クラブ略歴

1.創立(仮発足式)    1960年1月30日   (会場)釜萬楼

2.R.I加盟承認     1960年2月10日

3.チャーターナイト    1960年11月12日   (会場)茨城県立太田第二高等学校

4.チャーターメンバー   26名(現在 0名)

5.創立当時のガバナー   柏原孫左衛門

6.スポンサークラブ    水戸ロータリークラブ

常陸太田ロータリークラブ

〒313-0016
茨城県常陸太田市金井町1902-9
有限会社カシムラ印刷所内

TEL 0294-72-0590
FAX 0294-72-1590